HOME » 知っておきたいマンション売却の基礎知識 » 手続き

手続き

マンション売却には、登記をはじめとしたさまざまな手続きが必要となります。ここでは、そんなマンション売却にまつわる手続きについてご紹介していきます。

マンション売却に必要な手続き

買い主が見つかり無事に売買契約を締結すると、わたしたち売り主にはやらなければいけない、いくつかの手続きが発生します。売り主側が用意しておくべきものとして、次のものをそろえておいてください。

  • 登記関係書類
  • 抵当権抹消登記に必要な関係書類
  • 登記関係書類に押印する実印
  • 登記費用
  • 残代金や各種積算金等の領収書など
  • 買い主への引き継ぐ建築関係書類、物件の鍵、マンションの管理規約など

まず、マンションの引き渡しまでに登記関係の手続きをしなければいけません。登記を書面申請する場合は、権利書、印鑑証明書、住民票、固定資産評価額証明書、司法書士への委任状などを用意します。所有権移転登記はそれですが、実際には司法書士に委任して代行手続きしてもらうケースがほとんど。

しかし、司法書士に依頼せずに自分で登記手続きできれば、司法書士報酬の出費を抑えることもできます。時間のある方は自身で手続きしてみるのもいいでしょう。必要書類をそろえ、法務局へ足を運べばOK。ただし、複数の金融機関から融資をうけている場合などは手続きが複雑化するため、司法書士に任せるのが結果的には得策です。

また、マンションの住宅ローンが残っている場合は、抵当権抹消の手続きも必要となります。こちらも司法書士が対応してくれますので、所有権移転登記とあわせて依頼するケースが多いようです。比較的よくあるトラブルが、不動産権利関係の書類を紛失している場合。その場合、すみやかに不動産会社へ相談してください。

いくらかの費用はかかるものの、再発行してくれますので契約に間にあうように用意できるよう手続きしましょう。マンション管理組合への連絡、固定資産税や都市計画税などの公租公課の支払いや、これまで使用した電気光熱費などの精算も忘れずに手続きしておくこと。

マンション売却で
おすすめの不動産会社

マンション売却で悩んだら、まずは信頼できる不動産屋に相談すべし!

地場

クリア

クリアのキャプチャ

地元密着型で実績豊富な新進気鋭の不動産会社。売り主の利益を最優先し、スピーディに売却できると関西エリアでは一目置かれた存在です。

公式HPへ
大手

大京穴吹不動産

大京穴吹不動産のキャプチャ

関西エリアでは大手の大京穴吹不動産。即時買取サービスや24時間駆けつけサービスなどサポートが充実している。

公式HPへ