HOME » 知っておきたいマンション売却の基礎知識 » マンション売却にかかる期間の平均とは  

マンション売却にかかる期間の平均とは  

マンションの売却を考える時、いくらで売れるか?ということの他にも考えなくてはならないものが、どのくらいの期間で売れるかということです。 マンションの売却が決まって、売りに出されてからは、少なくとも1ヶ月以上の期間がかかります。そこから先は各物件によって状況が異なりますが、大体の目安となる期間を頭に入れておくと安心です。

今回は、マンションの売却にかかる期間の平均と、それ以外の場合について詳しく見ていきたいと思います。

売却にかかる期間は3ヶ月程度

マンションの売却にかかる平均期間は、約3ヶ月と言われています。厳密に言えば1ヶ月以上、かつ3ヶ月前後が平均ということになります。 必ずしも3ヶ月以内に売れるというわけではありませんが、反対に1ヶ月以内に購入希望者が現れるケースもあります。

これは、不動産を売り出す期間によってもまちまちで、1月から3月と9月から10月のそれぞれについては「ハイシーズン」と言われており、不動産がもっとも良く売れる時期になります。この時期にうまく売却が進めば、当初の予想よりも早くに物件が売れる可能性もあります。 ただし、不動産物件の場合数日で売れていくということはなく、手続きや引き渡しなどもろもろのスケジュールを含めば、最短でも1ヶ月程度は見ておく必要があります。

先ほども述べた通り、マンションの場合売却にはおよそ3ヶ月がかかると言われています。しかし、この3ヶ月という数字には必ずしもこだわる必要はありません。 3ヶ月を過ぎたからといって急激に値下げをする必要はなく、半年から1年経っても同じ価格で売れていくというケースもみられます。

売り出してから3ヶ月以内に、一度も内覧希望者が出てこないというのであれば、こちらは問題視する必要があります。不動産会社や仲介業者と話し合いをしたうえで、もう一度具体的な売り出し方を考え直す必要があるでしょう。

売却は計画的に進める

マンションの売却において大切なことは、どのくらいの期間をかけて売却するかをしっかりと計画することです。 どの物件でも、売れなければ売れるまで値下げをしていくのが一般的です。いきなり強気の価格で売り出したとしても、それで売れるかどうかは未知数です。 かといって、最初から安く価格を下げて売り出す必要もないため、「相場」というものを意識しながら価格設定を行い、売却計画を練り上げていく必要があります。

また、売却計画と同時に不動産会社の選定についても計画的に進めていきましょう。 各不動産会社と専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約を結ぶ場合、3ヶ月ごとに更新月が訪れるため、3ヶ月経っても不動産会社が努力をしていないようであれば、思い切って別の不動産会社に替えるという方法もあります。

不動産会社選びは慎重に

マンションの売却には、売り手自身が部屋をきれいに整えたり、修繕を加えるなどして手入れすることのほかに、不動産会社自身の努力も必要になります。 マンション市場の中で「お得感」を演出したり、アピールポイントを的確に打ち出したりといったことは、物件の売れ行きを左右する非常に重要な要素となります。

売れ行きが悪い場合にどのようなことが必要となるのか、売り手に対してアドバイスをしたり、改善策を講じるといったことも、不動産会社に求められる条件です。 一日でも早く物件が売れるように努力ができなければ、その不動産会社はマンション売却を依頼する相手にふさわしいかどうかが疑わしくなります。

マンションは、価格をどんどん下げていくことで買い手がつきやすくなります。しかしそれだけが解決策ではなく、3ヶ月の更新月を目途に不動産会社を選び直すという方法もあります。 マンションの売却にかかる平均期間はおよそ3ヶ月、そして3ヶ月ごとに不動産会社との契約更新が行われるという事を念頭に置きながら、物件の売却を効率的に進めていきましょう。

 

マンション売却で
おすすめの不動産会社

マンション売却で悩んだら、まずは信頼できる不動産屋に相談すべし!

地場

クリア

クリアのキャプチャ

地元密着型で実績豊富な新進気鋭の不動産会社。売り主の利益を最優先し、スピーディに売却できると関西エリアでは一目置かれた存在です。

公式HPへ
大手

大京穴吹不動産

大京穴吹不動産のキャプチャ

関西エリアでは大手の大京穴吹不動産。即時買取サービスや24時間駆けつけサービスなどサポートが充実している。

公式HPへ