HOME » 知っておきたいマンション売却の基礎知識 » 費用

費用

かしこくマンションを売るためには、売却するときに必要な費用についても知っておくことが肝要です。では、マンション売却では、いったいどのような費用がかかってくるのでしょうか。そのあたりについて見ていきましょう。

売却金額で変動する仲介手数料

マンション売却に必要な費用としては、大きく仲介手数料とそのほかの事務処理系手数料とにわけることができます。

自分で買い手を見つけ、自分で手続きを完了させた場合は別ですが、不動産業者・仲介業者に依頼して売却した場合は、仲介手数料が必要となります。この仲介手数料は法律で上限が決められていますので、法外な料金を請求されることはありません。

売買金額 仲介手数料
~200万円未満 売買金額の5% + 消費税 = 5.4%
200万円~400万円 売買金額の4% + 消費税 = 4.32%
 400万円~ 売買金額の3% + 消費税 = 3.24%

※売買金額は税抜き、仲介手数料は税込み

たとえば、マンションの売却が1,000万円であったとしましょう。すると、1,000万円の3%=30万円にプラス消費税で32万4千円が、不動産業者・仲介業者に支払う仲介手数料ということです。売却額が3,000万円なら同様に97万2千円、マンションで200万円以下ということはあまりないでしょうが180万円なら9万7千2百円となります。

そのほかに必要な費用とは

マンション売却のなかでもっとも大きな費用は不動産業者などへの仲介手数料ですが、そのほかの費用はいくらほどかかるのでしょうか。

  • 印紙税
    不動産売買契約書に貼付する印紙代。印紙税は、契約金額が1,000万円超~5,000万円以下なら20,000円。5,000万円超~1億円以下なら60,000円となります。
  • 抵当権抹消費用
    抵当権が設定されている場合、金融機関に取り消してもらうための費用です。通常は2万円ほど。司法書士に手続きを依頼する場合は、別途、司法書士費用が必要。
  • ローンの繰り上げ手数料
    住宅ローンが残っているケースで、残債を一括支払いするときに必用。手数料は数千円から数万円程度ながら、金額は金融機関や契約内容によって異なるので、要確認のこと。
  • 住民税
    売却することで利益が出た場合、課税対象に。課税率は5%ないしは9%で、翌年の春以降、納付書が届きます。利益が出なければ課税されません。
  • 所得税
    住民税と同じくマンション売却で利益が出ると、所得税が課税されます。3,000万円で購入した物件が3,500万円で売れたとすれば、差益の500万円に課税。条件に適合すれば特別控除あり。

マンション売却で
おすすめの不動産会社

マンション売却で悩んだら、まずは信頼できる不動産屋に相談すべし!

地場

クリア

クリアのキャプチャ

地元密着型で実績豊富な新進気鋭の不動産会社。売り主の利益を最優先し、スピーディに売却できると関西エリアでは一目置かれた存在です。

公式HPへ
大手

大京穴吹不動産

大京穴吹不動産のキャプチャ

関西エリアでは大手の大京穴吹不動産。即時買取サービスや24時間駆けつけサービスなどサポートが充実している。

公式HPへ