HOME » マンション売却で失敗しないコツ » 不動産会社選び

不動産会社選び

マンション売却で失敗しないために押さえておくべき必須条件に、不動産会社選びがあります。とはいっても、マンションの売買で不動産業者にお世話になることは決して多いことではありません。そこで、ここではスマートにマンション売却を進められる、不動産会社の選び方についてご紹介しましょう。

マンション売買仲介を強い業者を選ぶ

不動産会社といっても、兵庫県内だけでも5,214もの宅地建物取引業者免許業者(出典:(一財)不動産適正取引推進機構 『平成27年度末 宅建業者と宅地建物取引士の統計について』)が存在します。そのすべてがマンション売却に強い業者ではありません。賃貸物件の仲介をメインとしている業者もあれば、戸建て物件の建売を主軸事業としている業者もいます。

このなかからわたしたちが選ぶべきは、「マンションの売買仲介に強みをもつ不動産会社」です。では、 専門家でもない私たちが、数あまたある不動産会社のなかからそのような業者を選ぶにはどうすればいいのでしょうか。それは次の3つの情報を押さえることにあります。

  1. チラシ広告
  2. ホームページ
  3. 店頭

新聞の折込広告をはじめ、街頭で配布されている不動産業者のチラシ広告などで、掲載物件をチェック。中古マンションの売買情報が多ければ、有力候補となります。

ネットやホームページの情報も重要な判断材料です。「マンション売却 査定」「中古マンション 無料査定」などで検索し、ヒットした無料一括査定サイトに掲載されている不動産業者も、マンション売却に力を入れている業者。ホームページ上に「マンションの査定・売却」や「中古マンション専門」などと記載してあれば、言うことはありません。

もちろん、不動産業者の店頭で情報をチェックするのも有効でしょう。外看板や窓に掲載されている物件情報は、その業者が得意とする物件が中心に掲載されているはずです。中古マンション情報が多ければ◎。反対に、1Rなどの賃貸情報ばかりだと、あまりマンションの売買の経験は少ないのかもしれません。

こうした情報から総合的に判断すれば、マンション売却に強みをもつ業者選びもそう難しくはないのです。

>>投資マンション売却会社を選ぶおすすめのHPはこちら

不動産会社との契約方法について

マンション売却での不動産会社との媒介契約には、3つの契約形態があります。参考までに、それぞれについて簡単に紹介しておきましょう。

  • 【一般媒介契約】
    同時に複数の不動産会社に売却を依頼できる。A社がダメでもB社で売却できた、など確率は高くなるものの、不動産会社側としては他社で契約される可能性もあることからあまり積極的には広告・販促活動をかけない。自分で購入者を見つけて契約するのは自由。
  • 【専任媒介契約】
    売却を依頼できるのは1社のみ。独占的に売却できるため、業者が広告・販促活動を積極的にかける傾向がある。半面、売却能力の低い業者に当たってしまうとなかなか売れないなど、業者のよし悪しに左右されやすい。自分で購入者を見つけて契約するのは自由。
  • 【専属専任媒介契約】
    基本的には専任媒介契約と同じながら、自分で購入者を見つけていた場合でも、必ず不動産会社・仲介業者を通す点に違いが。

マンション査定を行ってみよう

実際にマンションの査定をお願いする場合、次のような流れになります。 近年はインターネット上から査定をお願いできるようになったので、インターネットを使うと便利です。もちろん、いろいろ話を聞いた上で決めたいと思っているのであれば電話で問い合わせをしてみたり、予約をした上で直接店舗で話を聞くのも良いでしょう。

不動産会社でいくつかの選択肢がある場合、複数の業者に対して査定を依頼し、査定額を比較するのもおすすめです。

査定の方法は?

ほんの少し施設が違うだけでもマンションの価値は大きく異なります。そのため、正確な価値を判断してもらうためには訪問査定を行ってもらわなければなりません。 室内の設備の状況だけでなく、周辺環境なども視野にいられて正しい査定額を出してもらいます。

ただ、その前に机上査定を出してもらうことも可能です。机上査定とはその名の通り机の上で行える査定のことで、直接物件に行かなくてもわかる情報をもとにして大体の査定額を出す方法となっています。 あくまで机上査定は一つの参考程度にしておきましょう。また、机上査定をお願いしても実際に訪問してみなければわからないという理由で訪問査定を推奨されることも多いです。 査定額に納得できれば契約をし、マンションの売却活動を行っていくことになります。

査定をするメリットとは?

査定を行うことで自分の持っているマンションの価値を正しく把握できます。これができなければ、その次の段階にも進めませんよね。 例えば、1,000万円のローンが残っているマンションの売却をして新しくマンションを購入するとしましょう。この時、「おそらく1,500万円にはなるはずだから…」と予想し、次の住宅探しをしていたとしても、実際に査定に出してみたところ1,000万円に届かなかったケースもあります。 具体的な査定額がわかり、予想よりも低かった場合などは住み替え先の住宅のランクを落とすなど対策が取れますよね。

もしも査定をしなかった場合、自分の予想していた査定額で新たな住宅購入の手続きを進めてしまうこともあるかもしれません。 実際にいくらでマンションが売れるか?というのは不動産会社に話を聞いてみないとわからない部分も多いので、査定をお願いしてみましょう。

必ずしも査定価格で売り出さなければならない?

不動産会社から査定額の見積りをもらったものの、自分で思っていたよりも大幅に安い金額を提示されてしまい、驚いた方も少なくありません。 しかし、それはあくまで査定額なので必ずしもその金額で売りに出さなければならないわけではないのです。

そもそも査定額はどのようにして決められるのか?というと、これは各不動産会社の営業担当者が物件の訪問査定を行って一つ一つの項目を評価し、築年数や周辺の建物価格、土地価格などを総合的に判断して適正と思われる価格を決めます。 仮に、不動産会社から1,000万円の査定額を伝えられても売出価格を1,500万円に設定することは不可能ではありません。しかし、査定額を大幅に上回る金額で売出してしまうとなかなか買い手が見つからず結果的に大幅な値下げをしなければ売れない状態になるリスクもあります。

事前に正確な査定額を調べておくことは的外れな売出金額を設定しないためにも欠かせないことだといえるでしょう。 査定額よりも高く売り出したいと思った場合、実力のある営業マンと話し合いをし、適正な価格を設定することになります。どの不動産会社を選ぶかによって販売力は大きく違い、販売力の高いところだとより多くの広告を出せたり、独自のルートを使って買主を見つけてくるので相場より高く売れる可能性も高いです。

まずは気になる不動産会社に査定をお願いし、自分のマンションはどれくらいの価値があるのか正確に判断してみてくださいね。

マンション売却で
おすすめの不動産会社

マンション売却で悩んだら、まずは信頼できる不動産屋に相談すべし!

地場

クリア

クリアのキャプチャ

地元密着型で実績豊富な新進気鋭の不動産会社。売り主の利益を最優先し、スピーディに売却できると関西エリアでは一目置かれた存在です。

公式HPへ
大手

大京穴吹不動産

大京穴吹不動産のキャプチャ

関西エリアでは大手の大京穴吹不動産。即時買取サービスや24時間駆けつけサービスなどサポートが充実している。

公式HPへ