HOME » 何がいけない?マンションが売れない理由 » 物件の質

物件の質

売り出してみたはいいものの、なかなか売れないマンションに「どうするのか困っている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。マンションが売れないのには相応の理由があり、その1つとしてあげられるのが「物件の質」の問題です。

内覧が契約につながらない理由とは

マンションの価格や情報に興味は示してくれる人はいるものの、なかなか成約に結びつかない…内覧には来てくれるけど色よい返事がもらえない…。そんなケースでもっとも多い要因が、物件の質。物件の質とは、つまり、マンションの立地条件や周辺環境、建物、デザインなど、ハードとしての物件の魅力です。

たとえば、間取りや広さも十分で、価格も適正。だけれども、実際に内覧に行ってみると道路が狭くて車の出し入れが困難、繁華街や交通量の多い道路に近くて喧騒、南向きだけども隣の建物が間近で思ったほど日当たりがよくない…、など、書面や間取り図、写真だけではわからないところに問題があると考えられます。

ですが、周辺環境ばかりは個人の力でどうすることもできません。むしろ、はじめからそのことを正直に物件情報に載せておくほうが好感をえられるでしょう。ただし、部屋の内部や建物の問題であれば、いくらか対処することはできます。つまり、「物件の質」をあげるのです。

物件の質を高めるポイント

買い手がもっとも嫌うのは、部屋の汚れ。いくら中古マンションとはいえ、ある程度はキレイな状態の物件を買い手は求めています。同じような条件の物件であれば、たとえ100万円くらい高くてもキレイなほうを選ぶ人が多いのが現実です。

そのため、内覧前には掃除や補修などを念入りにしておくことがポイント。床や壁をクリーンアップしておくのはもちろん、玄関回りもキレイにしておくこと。掃除しても目立つような汚れがあるならば、思い切って壁紙やクロスは張り替えたほうが結果的に得でしょう。

とくに嫌われるのが、水回りの汚れです。キッチンやトイレ、バスルームなど、清潔さが求められる場所は徹底的に磨き上げておくようにしてください。また、見落としがちなのがバルコニーやベランダ。チリやゴミがたまりやすく、雨水の排水が詰まっていることもあるので見落とさないように。できることなら照明も明るいものに変えておくと、よりいい印象を与えられます。

ですが、物件の質を高めるためにわたしたち個人レベルでできることには限界があります。より効率よくマンションを売却したいのであれば、現在依頼している不動産会社以外の業者にも問い合わせてみるのもおすすめ。多角的な観点から査定することで、あらたな価値を見出してくれるかもしれません。

マンション売却で
おすすめの不動産会社

マンション売却で悩んだら、まずは信頼できる不動産屋に相談すべし!

地場

クリア

クリアのキャプチャ

地元密着型で実績豊富な新進気鋭の不動産会社。売り主の利益を最優先し、スピーディに売却できると関西エリアでは一目置かれた存在です。

公式HPへ
大手

大京穴吹不動産

大京穴吹不動産のキャプチャ

関西エリアでは大手の大京穴吹不動産。即時買取サービスや24時間駆けつけサービスなどサポートが充実している。

公式HPへ